スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ このウキって・・・ ~

P1000008.jpg

部屋を整理してたら出てきたウキ達・・

5~6年前に急に思い立って製作していた物。
バランス、塗り、浮力等どれをとっても2級品、3級品。

桐以外の材質をためしたり、センターパイプにこだわったり、
仕込み錘もオーダーで作ったり・・・

完成まで至らない物も多かったが、相当勉強になりましたね。

最近はもっぱら釣士道のウキを使用する事が多いのですが
これは間違いなく1級品。
水中感度、姿勢、付け餌への追従性は驚くほど。

状況に合わせたウキのセレクトでカナリの
タフコンディションにも対応化!!

・・・って宣伝みたいになってますが。

結局の所、釣りはコダワリと思い込み

それが楽しいって部分もあるし

なにより、気に入った道具で釣れるとサイコーです!!


・・・あー釣りして~早く春になんねーかな!!!!!
スポンサーサイト

~ 2度目の庄内釣行 ~

かなり遅れてのUP・・・

9日

自分の休日と、海の機嫌が合致し庄内釣行が決定。

前回と同じ佐々木名人とシバ名人にお供する。

予報通りなら、1か月だーれも渡してない四つ島に
のれそうな感じ。かなり期待大。

・・・が、思ったほどうねりが落ちず、港から見た大島は
たまに波を被る。

無理でした・・・

で・・前回釣行時、先行者が釣っていた米子漁港へ。

南向きの高場(テトラ際)から竿出し。

風もなくいい感じに潮目も伸びている。

・・・が、しばらくするとやっぱり奴らが攻めてくる。
パンパンに膨らんだあいつ・・・そうフグ・・・

うねりによるサラシでコマセが全体に効いてしまうと
何処を攻めてもフグ。

あっさり場所移動決定。

何か所かの候補の中から、油戸折戸に向かう。

7~8人は竿出可能な割と大きな地磯。

先行者が4人で両側ワンドに2人づつ。

P1000057.jpg

必然的にサラシのど真中に3人で釣り座をとる。

この時期のサラシはどうでしょう???
自分的には半信半疑で仕掛けを打ち返す。

たまーにフグやソイが食ってくるなか・・・・

13:00
やはりこの人
潰された沖アミに次投予告をかけたのは
さらしの際を狙っていた佐々木名人

予告後の次の一投・・
このウネリではよほど集中しないと見逃すようなアタリ。
5cm程引き込まれたウキが水中で停止・・

魚が反転しないのだろう・・・

穂先で軽く張る程度のアクション。
・・・と、キレイに反転。

竿が綺麗に曲がる。

間違いなく良型・・・

一度際どい場所に突っ込まれるが、絶妙なタイミングで
竿を切返し糸を送る。

テンションが変わり行き場を無くした魚が沖にでる。

ここでおそらく自分であれば一気に竿を絞り浮かせようと
すると思うが、名人は、ソフトなやりとり。

後で聞くと、魚が頭の向きを変えた瞬間や糸を出したあと
なんかのテンションが変わった時に強引な絞りをいれると
針が外れる可能性が高くなる。(黒鯛の場合)
なもんで名人はもう一度ゆっくり竿をおこし胴に乗せなおす
との事。

なるほど・・・

考えて見ると当たり前の事なのだが、実戦でそれをスムーズ
に行うのは難しい。

流石。

きっちり45UPを御用。

P1000060.jpg

結局、周りの磯を含めても確認できた魚はその1匹。

腕の差もあるが・・
半信半疑で中途半端に釣りをしてた自分と
手を変え品を変え最善の努力をしていた佐々木名人。

モチベーションの差が大きい・・

やっぱり流石。

寒の時期水温10℃、沢水が入った大サラシ・・・

釣れるんですね・・・



ほんと釣りって奥が深くておもしぇーっすな!!

~ 微妙・・・・ ~

3日

塩釜神社に初詣へ・・

P1000056.jpg

さすがに三日目ともなると人も少ない。

本殿へ参拝し、家内安全と今年の大漁を祈願。

今年はアホほど魚が釣れますように・・・・・・

で、お決まりのおみくじを引く。

P1000055.jpg

吉。

微妙・・小吉だった去年よりましか・・・

・・・と、次男君が暴れ始めた!!

彼のおみくじは「  」

むしろ大吉よりレア度は高いと思うが・・・

見事な暴れっぷりに再抽選。

結果昇格ならず・・末吉

やっぱり微妙・・・

他の2名は・・・

カミさん末吉。

長男君小吉。

ん~~なんだか新年早々微妙だな・・・












~ 謹賀新年&初釣り ~

あけましておめでとうございます!!!
皆様今年もよろしくおねがいします!!


年末の忙しさと、その反動で放置状態が続いてしまいました。
どうもスンマセン・・・

さて、12月は、まさしくフル稼働。
31日大晦日までただの一日も休むことなく
仕事に明け暮れ・・・

明けの1日元日は、壊れたまま放置していたTV
を買うため朝から初売りへと向い・・・

購入→帰宅→取付。

やっとと言うか・・・かなり遅めの地デジ化を終え

その後、休む間もなく釣具屋初売りめぐりへ・・・
ニューアイテムを予約しつつ・・
粉物を少々と沖アミブロック1枚を購入。

カミさんの呆れ顔を背に
翌2日風8m波高3mの予報と微妙ながらも初釣を決行・・
でしたが・・年明け早々にやっちゃいました・・・
待ち合わせに寝坊

やはり疲れが溜まっていたのか、
一時間オーバーの遅刻をかまし・・・

なんとか同行の佐々木名人、シバ名人と合流。
まったく面目ない・・・

そんなこんなで庄内へ・・・

やはり波は高めで、前日の雨の影響で白濁り。
かなりのタフコンディション。

竿出し出来そうな場所を探し、鼠ヶ関弁天裏地磯で今年最初・・
というか1か月半ぶりの竿出し。

寒さのせいか?ブランクのせいなのか?
コマセ作りも仕掛け作りもなんとなくギクシャク・・

やっとの事で期待の第1投。

エサ無し・・・

あれ???

2投目

エサ無し・・・

3投目

遠投・・・

エサ無し・・

なんとコマセの効いてないエリアまで
びっしりとフグの絨毯!!

この時期にして12度の水温は確かに高めだけど
異常な程の量。
まったくツケエサ残りません・・・

一時間程で自分は諦め、佐々木名人の釣りをしばし観察。

名人も同じ状況に苦笑い・・・

早めの撤退。

続いて米子漁港へと移動。

先行者が2枚釣ったとの事だったので
期待感はあったのだが・・・

そのころから時折、竿が胴から曲がる程の
爆風と雨に襲われ始め・・・

ロッドケースやらバッカンやらが
勝手に散歩を始めたあたりで心が折れる。

はい、ボーズでございます(爆)


まーウキ見てるだけで癒されたし、
時化の合間をに釣りが出来ただけでもよしとしよう。















カウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
地域別アクセス

ジオターゲティング
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。