スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ またまた・・ ~

27日日曜日。

休みがとれそうだったので庄内でも・・・
と思っていたが、微妙な波高、風により断念。

夜勤明けの魚心さんと姫を道連れに松島湾へハゼ釣りに。

近年これほどハゼ釣りに行った記憶がない程好調な松島湾ハゼ!!


で、出港。

いつもの場所から探り始めるが、時化後で水温が下がったようで
浅場での反応がない・・・。

湾内を見ると沖側に遊漁船が固まっている。
深場に落ちたか・・?
って事で深場へ移動。

ポツリポツリと拾い釣り。
ほんと渋い・・・一週間でまさかこれ程状況が変わるとは・・・


実にテクニカルな釣り。

小さい当たりに合わせても針はずれ・・・
反転当たりを引き出す為に張りをいれたり
送り込んだり。

8時間程さんざん手を尽し何とか60匹程の釣果。

魚心さんと姫も同じ位の釣果。何とか楽しめたかな?

もうそろそろハゼも終わり。

次の休日は時化たらなにしよう?ワカサギ?



どうか、次の休みこそは、磯に立てますように・・・。

スポンサーサイト

~ さぶっっ・・・ ~

P1000037.jpg

今日はほんと冷えますね~~

日に日に寒さも増し、海も時化る日が増えてきた。

P1000038.jpg
底引き船。

漁に出る事が出来ない船が3日間港に停泊したまま。

冬ですな・・・

明日はせっかくの休日なのに日本海は微妙な感じだし、

近場で何か釣りもの探そうか・・・

サバ??ロック??またまたハゼ??
釣りものは色々あるけど・・・

でもやっぱ磯に立ちたい。
ん~欲求不満だ!!!!




~ 今週も・・・ ~

日曜日。

日本海、太平洋共に磯は厳しい・・・
こうなるとハゼだな。

同じく磯をあぶれた魚心さんと共に松島湾へ。

向かった先は魚心さんもビックリの近場。
陸からでも投げ竿で届くか届かないかの微妙な距離・・


観光名所周りでの釣り場なので観光客の視線を受けながら
の釣り。

若いカップルがはしゃいでる横で、おっさん二人も
船上でホルモンつつきながら、はしゃいでます(笑)

ん~~ホルモンうめ~~・・・だって。

途中から暴風で魚心さんの食料が飛んでくトラブルが
ありつつも、二人で150匹程の釣果に恵まれました。

P1000035.jpg

それにしても型揃い・・
目標の尺越えまでは届かなかったものの最大26cm

P1000033.jpg

たのしい休日になりました・・・が

やっぱり磯にいきてぇ~~~!!!!!



~ なにコレ? ~

おはようございます。

とある日・・・
仕事を終え内に変えるとトロフィーでも入ってそうな細長い箱が・・

開けてみると・・・
自然薯??

P1000006.jpg

いやいや、正体は巨大な麩菓子!!

懐かしい昭和のお菓子。

カミさんが仕事場の仲間から頂いたそうで・・・

それにしてもどこで売ってんだろ???


~ 秋から冬へ・・ ~

おはようございます!!

P1000031.jpg

放射冷却ってやつですね。

今日はホント冷えます。

P1000032.jpg

水揚げされる真イカにヤリイカが混じるようになってきました。

水温もかなり下がってきたようです。

本格的な冬もすぐそこまで来ている感じですね・・・

日本海の寒黒もそろそろ本格化??

越冬の為にパワーを貯め込んだ寒黒・・・

楽しみです。

今週は釣りいけっかなぁ~~!?






~ 日  課 ~

現在自分のライフワークは朝市場に行く事から始まります。

だもんで、必然的に市場から朝日を拝むことに。

P1000204.jpg
P1000020.jpg
P1000018.jpg
P1000001.jpg

毎朝朝日の写メ撮影が日課になっちゃいました!!

その日毎に微妙に違う日の出。

新しい一日の始まり。

さーがんばんべ!!

もう昼だけど・・・・

~ ハゼ最盛期 ~

P1000024.jpg

日曜日・・。

庄内釣行も考えたけど・・・
金欠・・・

今週は、長男君を連れて
最盛期を迎えた松島湾ハゼ釣り。

次男君が寝てるうちにこっそり出発。
一人で二人は面倒みきれんからね・・

船を出して見ると・・・
ま~いるわいるわ
仕立て船からマイボート、ゴムボートまで
ハゼ釣り船のお祭り状態!!

最盛期らしい賑わい!!
震災があったにもかかわらず秋の松島湾は
例年通りの姿。

釣果はといいますと・・・
P1000021.jpg

20cmUPの良型中心に80匹程。
完全に潮で食うパターンで、短い時合にどれだけ
数を拾えるかの勝負でした。

ハゼ・・・
小物は小物なりの風情があって癒されました。


水温から行くと今月一杯は楽しめそうです。
機会があれば是非!!!







~ 第2の故郷 後編 ~

11月6日日曜日

明けの日曜日。
秋田まで足をのばし男鹿で釣りをしないわけには行かないって
ことで加茂へと急ぐ・・

当日は延期になったG杯グレの開催日。
大会参加者が多いせいか一番船は人もまばら。

前日から道連れさせた連れ本田&辺見の2人と松釣会3人組で
船頭のお任せで福立島へ・・・

最初こそ小雨がパラついていたが、風も思ったほど強くなく
海も穏やかな釣り日和。
場所決めのジャンケンで自分が沖側の先へ釣り座をとる。
スタートはグレ・・鯛の気配があれば浮気の予定で釣り開始。

コマセをまくと潮はわずかに下っている様だが、
海面にはざわつく程のサヨリ・・
の下にシマシマ・・
の下にウマヅラ・・

相変わらず厳しそうだ・・・・・

が・・磯際に打つこと30分。
2.5~3ピロ程の所にチラチラと青い影。

とりあえずハリス2.5ヒロに半ピロ程誘導をとりノーシンカーで
落として見るが、エサ取りの層を突破出来ない・・

ならばと、G6を打ちサヨリの外のエリアからコマセの下へ引き込む。

・・・サヨリの数が多すぎて通らない。

何通りかの鉛の位置、サイズを変えるとやっとツケエが通った!
と同時に綺麗な当たりで20cmクラスのグレ。

コッパではあるが潮が止まるまでほぼ入れ食い。

しばらく入れ食いを堪能していると
20匹程釣った所で潮が止まりグレが見えなくなった・・・

それにしてもすごいサヨリの数だ・・・
試しにタモですくって見ると一度で20匹程すくえてしまった(^_^;)

しばらくしてまた下りの潮が差してきた。
沖でサヨリが何かに追われているのを見つけ遠投!!
すぐ当たりが・・・
手前まで難なく寄せて姿を確認すると40~50cm位のヒラマサ!!
っと・・目があった??
その瞬間猛烈な勢いでハエ根へバイバイ・・・・

結局そのバラし後は、足元に80cm位の観光真鯛が
たまーに散歩しに来る位で特に変わったこともなく
コマセ切れで自分は終了・・

竿をたたんで本田と辺見の釣りを観察すると
本田は潮の弛みでにハリス一ヒロに1号と6Bの段打ちで
手のひらクラスのグレを怒涛の勢いで釣りまくっている。
グレ釣りでそんな仕掛け組む奴見たことないが・・
相変わらず極端な奴だ。
まーでも、釣れてるからあれも正解なんだろう・・・

辺見は・・・
裏の水道を竿3本の棚で20cmクラスの黒鯛と真鯛、グレを
数枚掛けていた。
キャリアは短いが釣れる勘所はつかんできたのかな・・・?

三者三様。

片づけを終え帰りの船に乗り込む・・・
決していい釣りとは言えないが、楽しむことが出来た。
また近いうちに男鹿に来よう・・
次は、魚種じゃなく大型狙いだな。

P1000177.jpg
↑アップするような画像なかったんで飛島で釣ったグレ↑









~ 第2の故郷 ~

ブログを初めて1か月ちょっと。
自分の頭の中をを文章に置き換えることの難しさを感じる。

その日、その時感じた事を自分なりに整理し、
人に伝わるように文章に直す。
文章力の乏しい自分には苦手な作業ではあるのだが
この作業から得られる物は本当に大きい。

釣りの事にすれば、自分の釣りを改めて考えたり
反省材料を探すキッカケになったり・・・

もうちょっと若い頃に気づけば、もう少しマシな人間に
なったかもしれないな(笑)


11月5日土曜日

6年前に退職した会社の送別会に参加する為秋田へ。

今回退職されたのは、当時の上司。
まだ若くて、少し、とんがっていた自分は、肩まである
ロン毛の茶髪。
「なんだその頭は!!」なんて怒鳴られたり・・

親子ほども歳の離れた上司と部下。
自分が上司でも多分同じことを言ってるだろう・・・

しかし、ある事がキッカケでこの方と公私共に深く付合う事になった・・
それは、もちろん釣りである。

何度か一緒に釣りをし、プライベートで人間関係が良くなると
当然仕事上でもうまく回り始める。
自分でも驚く程、仕事が楽しく、成果も出るようになった。

今でも自分の仕事に対する姿勢は、この頃に培われた物がベースに
なっていると思う。

そんな、恩師にも近い上司が定年との事で送別会に参加。

久しぶりに会う面々だったが
辞めてから6年たった現在でも昔と変わらずバカ話。
ひさしぶりに腹がよじれる程笑った。

本当にありがたいし、うれしい。

課長長い間お疲れ様でした!!
今後もよろしくお願いしますね!!


11月6日日曜日に・・・つづく
























~ 庄内釣行 ~

30日日曜日。

20日ぶりの休日に庄内磯へいってきました!!
道連れは魚心さん。
スタートから、自分の寝坊で予定より1時間遅れで出発。
相変わらずのバカ話で盛り上がり、いつの間にか漁港へ・・・

凪も良く最高の釣り日和。

前日の状況から
地方の磯か、沖の磯か悩んだが四ツ島の大島離れへ。

仕掛けを組みながら、大島本島を見ると、
顔なじみの、福島の方がいた。

今年に入って一度も会うことが無かった為
釣りをしてる状況じゃないんだろうと思っていたが
被害はあったが、釣りはしているとの事。
釣り場で会えば言葉を交わす位で連絡先さえ知らない方
ではあるが、無事であった事、釣りを続けられていた事に
安心した。


さて、はじめるか・・・・
水色が悪いとの事前情報だったが、思ったほど悪くない。
エサ取りは中型サヨリと、足元にスズメ??くらい。

朝方は、ほとんど潮が効かず、表層のサヨリをかわせば
べらやメバル等が時折釣れる程度・・

完全寝不足の魚心さんのまぶたが半分閉じ始めた9時頃
緩くではあるが、潮がゆっくり下り始めた。

魚心さんのまぶたも開き始める。(笑)

と、やはり名人。
次から次へと足裏~40までの赤、黒を連荘。
自分も同じ潮筋を流すが、その半分も掛けられない・・・

タナ、仕掛けを変えるが釣れる魚が違う、サイズが違う。

まー、腕が違うからしょうがないけど・・・なんでじゃ!?

自分も夕マヅメに何とかチヌをゲットしたものの
圧倒的な大差。

詳しくは書かないが
ポイントは仕掛けの姿勢だったらしい・・

自分のイメージで真鯛は仕掛けをあまり気にしない
魚なのだが、食いが渋い時は仕掛けの重さでは無く
角度や姿勢を気にする場合があるとの事。

魚の数は多くいても、競ってエサは食わない・・
エサはくわえるが、ウキは引き込まない・・

障害物まわりではなく潮の中に入ってくる状況で
はえ縄に食ってくる様な真鯛の様な魚にも
そんな状態があるとの事。

まだまだ自分のイメージの幅がせますぎる・・

魚心さん勉強になりました!!


今週末・・男鹿で再修行します!!












カウンター
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
地域別アクセス

ジオターゲティング
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。